プロフィール

smilemi

Author:smilemi
はじめまして!smilemi改め「まるえ」、
中丸笑”美です。
子ども二人と猫5匹の母♪

思えば山有り谷有り、家庭不和・虐待・新興宗教・結婚・借金・DV・離婚・・・しなくて良いような経験をいっぱい、いっぱいしてます(笑)

お陰さまで今はとっても幸せ

どんな時も大切な事は、自分が笑顔で過ごす事。

小さな幸せを一つづつ積み重ねていけば大きな幸せが寄ってきます。

千里の道も一歩から

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒鳴る子育て

私は怒鳴る子育て推奨派です(笑)

時代に逆行してますね~

でも、私の怒鳴るというのは

「自分の感情を子供にぶつける」という事とはちょっと違います。

怒鳴るのは、「して欲しくない行為」についてであって、

その子自身にではありません。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




私は、自分が、怒鳴られて、叩かれて、虐げられて・・・?

ようするに、親の愛を感じられずに育ちました。

私たちの頃良く言われたのが「お前は川で拾った子だから」



だから、自分が自分の子供たちに

怒鳴って、叩いて、あんたなんか要らないと思ったとき愕然としました。

これじゃあ、子供たちが「愛」を感じてくれなくなっちゃう・・って。




そして、学ばせてもらって、叩かない、怒鳴らないお母さんになって

そして・・・・今ではまた「怒鳴る」お母さんになりました(笑)




それが出来るようになったのは、

それで良しと思えるようになったのは

子育ての中で「自分の育ちなおし」が出来たから。





結局、怒鳴ったって、叩いたって、

自分が子供たちを愛してて大事に思ってることが伝われば良いんじゃないかって。

いろんな感情をぶつけても、

なにがあっても家族は家族だし私にとって子供たちが一番大事

ケンカしても仲直りすれば良い

子供だって理不尽な事で怒られたら反抗すれば良い

人間にはいろんな感情があって

それぞれの感情がぶつかって どこかで折り合いをつけていく

そんな事も、家族の中で学んでいく。






未熟で、まるで子供だった私が

子供たちと一緒に成長する事が出来た

子供たちに感謝

私を選んで生まれてきてくれてありがとう



やっぱり感謝

別れた旦那にもね(笑)

スポンサーサイト

私は「感情論者」です。

いやな事、腹立つ事、受け止めて笑い飛ばしましょう。

この「笑い飛ばす」というのがポイントです





感情は出した方が、自覚した方が良いと思っています。

押し殺しても、見ないフリしても、

確かに浮かんだ感情なのです。

それが浮かんだ事実は消えないのです。

押し殺して見ないふりしてても、心の中に溜まるのです。



溜まっていくと人は壊れちゃいます。

ジグザグな思い、押さえられない感情、憎しみ、劣等感、疑う自分



人間には感情があるのです。

その感情を見ない振りしちゃイケマセン。

その感情もワタシ。劣等感もワタシ。疑うワタシ

その感情を切り捨てたら、ワタシがワタシじゃなくなってしまいます。

その感情を無視したら、欠けたワタシなのです。





マイナスの言葉言うのは止めましょう

プラスの言葉で過ごしましょう

全ての人は尊い存在なのです。感謝して過ごしましょう。




でも、そんなふうに出来ない人、出来ない時もあるのです。

その事が正しいと思っていると

自分が辛くなる。出来ない自分を責めてしまう。




昔の私がそうでした、これは体験談です(笑)

経験と知識とは違うのです。




親に感謝しましょう。

すべてに感謝して過ごしましょう。




スムーズな人生でスムーズにそう思える人はそれで構わないのです

その人はきっと人生の完成度が高いのです。



でも、

出来なくても良いのです。

出来ない自分でも自分なのです。

「いやあ、今日は出来ないわ~(笑)よ~し、明日はやろう」

「今日は思わず爆発しちゃったわ~(笑)あ~すっきりした」

それで良い。

私はそう思うのです。



足し算

足し算

2 + 3 = 5

この考え方、辞めようよ


答えが5なら方法はどうだっていい。

答えは5じゃなくてもいい。



学校の勉強がどうのこうのって言ってんじゃないのよ。

たどり着くゴール

方法が一つしか考えられないんじゃ、進めないでしょ?

気付き

私は ノーテンキ

私は 自分は絶対大丈夫だという、

根拠の無い自信を持っている。

確固たる自信。




だけど、

それは誰もが持っている物ではない

自分の価値観で、人に動いてもらおうとしてもダメなんだ。

いくら親しくて、いろんな話をしてて、

納得してくれたと思っても、

価値観の基準が違う人には

とても重荷になる事もある。




もしかすると、基本なのかもしれないけど

今、

改めて気付けて良かった

そう思う





私は、自分の人生のハンドルは自分で握りたい。

どこに行くのか、自分で決めたい。

人のせいにはしたくないし、今までもしていない。





でも、

私の話に同意は出来ても

本当は違ったんだ。

本当は誰かに頼りたい、何かに頼りたい、責任は持てない

そうゆう人も居るって事に、

やっぱり気付いてよかった。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・



捨てる神あれば拾う神あり

今日も楽しい出会いがあった♪




自分を信じる事

とにかく、それで良し!

自分の基準をどこに持って行くか?



私は

フツーに学校に行って、

フツーに進学して、

フツーに就職して、

フツーに結婚して・・・

という道を歩んでこなかったので

「フツーであるべし」という、世の中の基準がイマイチわからない


そして、わからない事は、私の利点だと思っている(←自慢)




誰かが決めた今の基準。



 小学校が6年。

 中学校が3年。

 高校が3年。

 専門に行けば2年、大学なら4年。

 そして、会社に勤める。


これは、誰かが決めただれかの基準。




でも、それって、正しい基準なの?

正しいってなに?

誰の決めた誰の基準なの?



日本人が世界の中で「幼稚」と言われるのは

この「フツーであるべし」という基準を

正しいと思ってる人が沢山いるせいだと思う



世の中を変えてきたのは

「非常識」でマイノリティな人たち

実際、そうだよね?


松下幸之助さんなんて

貧乏で、小学校しか出てなくて、体が弱くて・・・

「フツー」に考えたら「カワイソウ」で「ナンニモデキナイ」





人生は心の持ちよう

人生の基準の標準をどこにあわせるかは自分次第

自分があわせた基準に、人は成っていく事が出来る。





自分の基準をどこに持って行くのか?

親としてどんな「基準のありかた」を子供らに示せるのか?

私はそれを、とても大切な使命だと思う。



コスプレ

娘の卒業式まで1ヶ月

さ~て、何着る?





お母さんは着物でもきていこっかな~
は、娘に即効却下。

へえへえ
ふつーのスーツ着ていきますわよ




女の子は「AKB」スーツ(?)が多いらしい。

紺ブレにチェックのスカート




けっ皆同じじゃあ、アンタチビやけん埋没してまうがな




愛娘がはまっている、ボーカロイド・・・知ってます?

初音ミクとか・・鏡音リン・・とか、なんとか・・・




まさか・・・?

ええ、そのマサカですわ(笑)

買っちゃいました



卒業式用に


d2095a[1]



ええ、私コスプレ好きです。

それが何か?(爆)




私も今度着て行くわ(笑)

どんな感情も切り捨てない。

ジグザグな人生、押さえられない感情、憎しみ、劣等感

疑う自分

感じたって良いじゃない。言ったって良いじゃない。

だって、人間は感情の生き物だもの。

その感情を見ない振りしちゃイケマセン。

その感情もワタシ。劣等感もワタシ。疑うワタシ

切り捨てたら、ワタシがワタシじゃなくなってしまいます。



マイナスの言葉言うのは止めましょう

プラスの言葉で過ごしましょう

全ての人は尊い存在なのです。感謝して過ごしましょう。


な~んて、言うのは簡単。



でも、無理やり思い続けてると

自分が辛くなる。出来ない自分を責めてしまう。




スムーズな人生でスムーズにそう思える人はそれで構わないですよ^^

その人はきっと人生の完成度が高いのです。




でも、世の中そんな人ばっかりじゃない。

コーチングや、精神論を説く人の諭すようなお話には

少し違和感を覚えます。

ホントウにアナタはそんなに神様ミタイに思エテルの?



人生も、人間も、そんなに崇高なものじゃないと思う。

もっとどろどろしてて、やり切れなくて、

いやな事もいっぱいあって、

それでも、生きていく。

その中で小さな幸せを、

レンガを積み重ねるようにして重ねて行く。

それが「生きていく」って事なんじゃないかな?





超一流の人

自分の人生には幸せになる為に必要な事しかおこらない。

幸せになる為に必要な事しか選んでない。



私が離婚してようが、退職しようがええやん。

確かにサッカーの役員決めで迷惑掛けたけどさ・・



私は私

アナタはアナタ



でもどうも、気に入らない

気にしないようにしてたけど・・

やっぱり気に入らないモンは気に入らない

だから、書いておこう(笑)




善良な人のイカニモな話
・・・基準はなんなんだよっ


無関心なフリ
・・・聞かれた事には答えましょう、大人なんだからっ
   無視しちゃだめよ~


かかわりあいたくない感丸出し
・・・ってか、かかわってくれなくて良いんですってばっ


群れてワサワサ言うのって「弱い者いじめ」って言うんだっ
むっきーーーーー

やっぱ腹立つっ##



あ~あ
そんな事、気にならない大きな人間になりたいなあ(笑)





こんな言葉があります。



三流の人は、批判、攻撃されたら言い返す。


二流の人は、批判、攻撃に対して我慢する。


一流の人は、批判、攻撃が気にならない。


超一流の人は、批判、攻撃してきた相手のしあわせを祈ってあげる。




そっか・・・
かっぱちゃん達に幸せな事がたくさんおこりますように†


ほーーら、
これで私も超一流の仲間入りだっ(笑)






さーーあて、

2Fの我が家には5匹の猫がおります。

5匹もいるのにたいしたイサカイも無く日々平和に暮らしております。

穏やかなネコさん達

ありがたいことでございます。




1Fの婆家には4匹。

お父さん(元々は隣家のネコ)と子供2匹、

(昨年子供1匹、交通事故で虹の橋を渡りました・・・)

時々お母さん(元々はノラネコ)




庭には二羽・・・

いやいや婆がエサをやるもんで、常時数匹(2~3匹)。






ところで、

駅前の馬鹿でかい歩行者通路に「みーちゃん」ちゅう器量良しのネコがおってん。





ミケ・・と、サビの間くらいのビミョー柄、かわいいメス猫

駅前に集うおばはん、おじはんにエサをもらってて
つやつやで人懐こい、むっちゃかわいいネコ。


もちろん、愛娘も我が家からエサを持って日参しておりました。





ある日

「お母さん、もう駅前でエサあげたらダメって・・うちで飼えない?」

「・・・・・・・・・・・・・・」

これ以上家ん中に口のついたもん入れたくないなあ・・・

それに新参者なんて・・いくらなんでもなあ・・

でもなあ・・・

「・・・・・・ちょっと考えさせて」


なんて言ってるうちに

駅前のお店の人が、引き取ってくれ、

しかも、昼間は自由に遊ばせせてくれる。

なんちゅうう良い飼い主!!!


ありがたいなあ~♪







これ、昨年の話です


今日、お出かけ時に久々「みーちゃん」をナデ繰り回したので(笑)


小さな命

「守りたい人」もたくさんいるんだよね。

みーちゃん良かったね^^。





町田ネコさんも・・・
みんな行く先が決まると良いなあ・・・

 | ホーム | 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。