プロフィール

smilemi

Author:smilemi
はじめまして!smilemi改め「まるえ」、
中丸笑”美です。
子ども二人と猫5匹の母♪

思えば山有り谷有り、家庭不和・虐待・新興宗教・結婚・借金・DV・離婚・・・しなくて良いような経験をいっぱい、いっぱいしてます(笑)

お陰さまで今はとっても幸せ

どんな時も大切な事は、自分が笑顔で過ごす事。

小さな幸せを一つづつ積み重ねていけば大きな幸せが寄ってきます。

千里の道も一歩から

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出

最近いろいろと、思い出すことがある

何って?



ちょっくら貧乏だった頃の事(笑)

新興宗教は出産前に辞めたんだけど

娘の出産前後。

いやあ、借金だけはいっぱいあったっけ(笑)

サービスで「お持ちください」って言うのは

買ってもいないのにこっそり持って帰ってきたりしてたっけな・・・

(ああ、ゴメンナサイ 今の私達があるのは松戸の皆様のお陰でございます)





あと、小さい頃の事。

「記憶が無い」んじゃなくて、

「思い出したくない」事。

ドウシテ?イツカラ?コンナフウニカンガエルヨウニナッタノカシラ?

まだまだ答えなんて見つからないけど。




あと、ナンニモ考えんと遊んでた頃の事とか

あんなにいろいろやって、な~んで知り合いが残って無いのかな~とか(笑)

あの時、サーフィン教えてもらったはずだよな~とか

あの時、水天宮の高級すき焼きご馳走になったよな~とか

バイト先のファンのおじさんがダイヤのネックレス買ってくれたよな~とか

でも、な~んにも残ってないのよね~とか(笑)

その頃も記憶はあやふやで、夢だったみたい。

ぼんやり生きて来ちゃったのかなあ(笑)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



NH○の朝の連ドラ見てる?もうじき終っちゃうけど。

『カーネーション』

とても好きでずっとみてるんだけど

主人公の92歳まで、私あと50年もある、って思うと

まだまだこれからじゃんっ♪って思えるよね(笑)




さて、今日も顔晴ろっと



スポンサーサイト

春休みです

そう、春休み

春休みったら、子供×2

出不精娘と大食い息子が家に居るわけですよ。

いや、「居る」っちゅうたら、もう12年も10年も前から居るんですが、

小学校の春休みに私が家に居た事が初めてでして・・・

やつらの攻撃に自分を見失いかけております(笑)






出不精、オタク娘の日常

朝9時に起床・・ぼんやりと冷めたおにぎりとお味噌汁を食す

午前中はこたつやベランダで猫と「うぼーーー」っと過ごし

なんとなく出された昼食を食べて

午後から友達が遊びに来て、猫を洗ったり、PCで遊んだり

・・・ごくごくたまに出掛けます。

夕食もなんとなく食べて、その後ゲームをやったり、絵を描いたりして

11時頃就寝です




大食い、出たがりの息子

朝5時半に起床して、チャレンジで勉強→おはスタを見ます

7時半頃朝ご飯 どんぶり1杯、お味噌汁等食します。

9時には公園、もしくは隣家の友達の家に遊びに行き

11時半に汗だくで腹減らして帰ってきて、着替えて、

チャーハンやパスタ等皿に山盛り食します

12時半にまた遊びに行き、5時頃腹減らして帰ってきます。

夕食を腹いっぱい食し

お風呂に入り、漫画等読みながら8時半頃就寝です





この攻撃、わかります?

いわゆる、「時間差攻撃」ちゅうやつです(笑)







同じ親から生まれても、この違い・・・

子育て・・姉弟と同じに育てちゃいけないのね、とつくづく思います(笑)









卒業式です。

「死んでも6時に起こして」と言われて起こしましたが
起きる訳がございません(笑)

いつもの通り、ギリギリに走って行きました。

かろうじて髪の毛だけはとかしましたがボサボサです。

他所様の娘さんは、盛り髪やダンシングウな編込みヘア
おうっどこの家も気合が違うぜい(笑)


   ごほっごほっ いつもすまねえなあ・・
   こんな時、おっかさんさえいてくれたら・・・(;;)

   おとっつあん、それは言わない約束でしょ・・・(;;)

   「髪の毛くらい結んであげなよ~」

   うちにゃあ、おっかさんは居ないんで
   あれ?あたし「おっかさん」だっけ(笑)

結局、こんなんできました
(顔出し不可だって)

chi

卒業証書のブルーと洋服のブルーが小洒落てます

かわいい。うん、家の子が一番かわいい(笑)


いやあ、コスプレはうちだけかと思ったら・・・
「なんちゃらハルヒの憂鬱」もいました。

お宅も変わり者ね(笑)


*********************



「なんで毎日幼稚園に行かなきゃいけないの?」

「なんで毎日小学校に行かなきゃいけないの?」

その都度、答えに悩みました。

でも、お母さん、なんとなくわかった気がする。




「自分が何をする為に生まれてきたのか、気づく為の一番の近道が勉強する事」

自分に出来る事、出来ない事を見極める為に、

自分が一番好きな事

自分が一番得意な事

自分が世の中に対して出来る事

ぼんやりしてても見つからない。

「それ」を見つける為に、勉強は最適な道具だと、そう思います。



中学高校でしなければ、私みたいに40超えて「イソイソ」勉強しなきゃいけなくなるのよ!

これは説得力がありますよね(笑)


**********************


たいへんな12年だったね。

親として謝らなければならない事はたくさんあります。

悲しい事、辛い事、いやな事、たくさんあったね。

でも、今更謝ったってしょうがない

だからこれから、楽しい事、嬉しい事、たくさん作って行こうね。





ありがとう

貴女の母になれた私はとても幸せ者です。



卒業おめでとう



子育て一区切りです



ばーじょんUP

フィスブックで、PCのばーじょんUPをすすめられ・・

      ってか、どんだけ古いんじゃ(笑)

お薦められたまま、なんとなくばーじょんUPしちまったら

表示が全て英語になってしまいましたとさ(笑)

むっきいいいいっ おばまの陰謀だ~~(爆)




後悔先に立たず




ナンニモ考えんとばーじょんUPしちまった事にか?

もっとちゃんと英語を勉強しておくべきだったという事にかは

ご想像にお任せしましょう。





パワポ資料の〆切は明日の17時・・・

大丈夫なのか、私

例によって、またもギリギリだぜい(笑)




今、この瞬間

震災から一年経ちました。

自分の無力さをかみ締めた一年でした。

出来ない自分を痛感した一年でした。

自分に出来る事を探し続けた1年でした。




原発事故はまだ解決したとは言えません。

この先のエネルギー、廃棄物の問題。

この先「知らなかった」では済まされないと私は思います。






この子達が大人になる頃、

この日本はどうなっているのだろう。

私はこの子達に、この子の子供たちに、遠い子孫達に、

何を残してあげれるんだろう。

何が出来るんだろう。

「生かされている自分」が出来る事は何なんだろう



思い続けた一年でした。

まだ、答えなんて出ないけど

思い続ける事の大切さ

行動する事の大切さ

それを心に刻んだ一年でもあります。




人生は「今、この瞬間」の繰り返し

でも同じ「今、この瞬間」は二度とめぐっては来ない。

結局は、くいの無いように

今、今、一瞬一、瞬をすごすしかない。

過去から続く「今、この瞬間」

未来へ続く「今、この瞬間」











東日本大震災の犠牲者の方々に
心よりの哀悼の意を表しますとともに
一日も早い復興を心よりお祈りいたします



大分から、幸ママ友がやってきます

ネットでの付き合いは長いけど、逢うのは初めて。

でも、私は彼女が大好き。

なにが・・どこが好きって?

・・・え~と?

子供がピーマン嫌いなのにたいした理由が無いのと同じかな・・

私に無い発想を惜しげもなく出してくれる・・

と、言うのも少しはあるけど

違うんですよ。

彼女は ただの「関西出身の大分のおばはん」じゃあ ないのよ!

・・・多分ね(笑)



・・・・・・・・・・・・・・・



怒りや、悲しみの感情は否定だけではありません

怒りや、悲しみは建設的な変化をもたらす為に

必要なものだと私は思います。

それを、感じる事。受け止める事。

大切なのは

その感情を客観的に自分で見れる事が出来る事、だと思うのです。

愚痴じゃありません。

泣き言でもないんです。

怒りの感情、悲しみの感情、客観的に見た後の行動だと思うのです。

相手に返さないとキャッチボールにはならいのです。

人は辛い事は忘れてしまいたい。

忘れないと、心が壊れてしまうから。



   そうゆう私も、幼少期の記憶を掘り起こすのは、

   正直しんどいです。



「辛い事」と向き合うには

「強さ」や「覚悟」が無いと出来ないと、私は思うのです


その「強さ」とその「覚悟」が「心の芯」にあるか無いか。


きちんと向き合えるという事は、

その先の人生を歩んでいく上で大切な事だと思うのです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私が「幸せ母」の人たちが好きなのは

多分、正直だからだと思います。

「負」の部分を暴露するのはしんどい事だと思うのです。

でも、それが出来る人は

実は「強さ」とその「覚悟」が出来てる人なんだと私は思うのです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・




うふふふふ

逢うのが楽しみだな~^^

ぶっちゅううで、むっぎゅううでしょ?

え?メイワク?

(笑)



201203080703000.jpg

愛用石鹸のご紹介

坊ちゃん印の釜だし一番石鹸

20年来愛用してます。

この、ベタなネーミングは宮城県のセンスです

がんばっぺ東北!

洗顔から食器洗いまでど~んと来い!!っちゅう優れものです。

今までは無くなったら仙台まで買出しに行ってたんですが

最近ではネット通販も受け賜っておられます

ビバネット販売(笑)




でっかいよ~175g

なが~く使えるよ

添加物は入ってないよ





うふふふふ

10個も買っちゃったよ(笑)


生きる事は

私の好きな女性の一人

1988年に101歳で亡くなられた

櫛田ふきさん

生前の彼女が

「生きる事は行動する事。

ただ 息をするだけではありません。

願うだけでなく 行動しましょう。

沈黙は共犯よ。」

と、語った事がありました。

この言葉は確か100歳の時

女性運動のデモ行進に車椅子で参加された時のもの。



100歳にして、

「生きる事は行動する事」だと

世間に対して

「沈黙は共犯」だと



なんという力強さ。

私の目指す女性の一人です。




生きる事は行動する事。

失敗も挫折も

成功も喜びも

行動した先にしか、たどり着けない









私、結構厳しいタイプで、

「はまった事は出来る事」と思ってます。

出来ない事、時期じゃない事は、

反対されたり、都合が付かなかったり、

いわゆる「ご縁」が無かったって事になるんです。

「すっぽりはまった」という事は、「出来る事」

それをいつまでも、

「わたし、初めてだから・・」だの

「やっぱり出来ないわ・・」なんて言ってると

「叱咤激励」を通しこして腹立ちます(笑)

「やりゃあ、出来るんだからやれやっ」

(この台詞そのまま今の自分に送っとこ)

励ましません(笑)

で、あちこちに要らない敵を作るという事がおこる訳です(爆)

というか生理的に、励ますって事が好きじゃないんですね。

励ましにそんなに力があるとは思っていないフシがあるのです。

やっぱり性格がひねくれているんでしょう。





こんな私が「コーチング」です(笑)



まだ、6~7人しか見てないからなんともかんともなんだけど

「コーチ」って「優等生な蝋人形」?

感情をコントロールする、って「蝋人形化」することなんやろか?

もとい、することなんだろうか・・?

プラスの言葉を模範解答をすることなんだろうか?

無理に方向転換させた、マイナスの感情はどこに行っちゃんだろう?

それとも、コーチングを極めると腹立たないんだろうか?

う~~ん????

なんかツマンナイな~~

「怒り」「悲しみ」の感情ってすっごくステキなもんだと思うんだよね。

それにさ「VS子供」にそんないっつもおりこうさんのお母さんでいられるかっつーーのっ

そんなお母さんじゃ子供のいろんな感情が育たないじゃんかっ







まだ、勉強2日間行っただけ、

すごい楽しい、知らなかった事いっぱいだし。

んがっ、うっわ~~すっご~~いって、丸ごと素直に受け止められん。

やっぱり、私相当ひねくれてるんだな(笑)





私の思う「コーチング」は

自分で自分を許す励ますスキル。許す励ます方法論。

自分の軸を持つ、見つける事。

(その軸は鉄筋コンクリートみたいなガチガチじゃなくて、竹みたいに「しなやか」なの。
コンクリじゃ壊れちゃうけど臨機応変にしなやかに揺れる。)

簡単に誰でも出来なきゃ困ります。

いろんな感情を持った自分を認めて許せるスキル。

自分がそれに取り組んで結果として励まされる。

結果として、「自分の器」が大きくなる。





書くのは簡単(笑)

で?どうする?




無けりゃ、自分で考えるしかあるまいって(笑)

顔晴ろうぜ、私。




「頑張りすぎ」の「ママ」が多いんだよなあ~

誰かのためになら、頑張れる。それって、とってもステキな事だ。

でも、子供の事を気にしすぎて、子供の事に気を使いすぎて、自分を置き去りにしちゃう、自分の軸がわからなくなっちゃう。


「まずは「自分」だよ



いろんな「子育てマニュアル」があるけれど、それに振り回されちゃダメなんだよ。

「マニュアル」よりも大事な事は「貴女が貴女らしく自信を持って生きる事」。

「ママ」も貴女。「奥さん」も貴女。でも「自分」も忘れないで欲しい。




「自分はどうしたいのか?」

「自分は親として、この子たちに何を伝え、何を残すのか?」




伝えるったって「勉強」だけじゃないよ。

残すったって、「遺産」じゃないのよ。

この子達に何を残したら、何を伝えたら、この子達が自分の人生を生ききる人になれるのか?




そんな「偉そう」じゃなくって良いよ。

まずは「自分」だよ。

「自分」はこの人生どうやって「やりきる」のか?






親のその背中見てたら、子供は勝手に育つよ。

日本人はずっとそうしてきたんだよ。






「ママはアナタが心配なの」

ママの「心配」にさらされる子供は「心配」な子供になるよ。

私は子供のこと心配してばっかりの、アナタが心配だよ



アナタにはアナタの人生があるように

子供には子供の人生があるんだよ。

アナタの「心配」で、子供をつぶしちゃダメなんだよ。

するなら「自分」の心配しなよ。




自分はこの人生、何をする為に生まれてきたのか?

何をする為に、今、生きているのか?





子育ても人生も「こうあるべき」なんて事は一つも無いよ。

まずは「自分」。


頑張りすぎのママ達に多いのは心の奥で「自分を大切に思えない」人が多いように感じる

まず「自分」を大切にしてあげる事から始めようよ。

「自分」が大切に思えたら

「自分」の子供が大切な存在に思えるよ。

「自分」の子供が大切な存在に思えたら、「心配」なんて大きなお世話だったんだって気が付くよ。







「おんりーわん」を大事にしようよね。

 | ホーム | 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。